Special Interview

馬淵先生 スペシャルインタビュー

病気の予防はもちろん、
肌や髪の美容のためにも
「塩素のないお水」を
使ってほしいです

予防医学、早期発見をはじめ
総合的、多面的にサポートを行う
医療機関

マブチメディカルクリニック
院長 馬渕 知子 先生

塩素は細胞を持つすべての生命体に
作用してしまう成分なのです

− 内科学・皮膚科学の専門医として、そのほかの診療科とも連携を結び、総合的なサポートを行う医療機関「マブチメディカルクリニック」の院長として、メディアでも活躍中の馬渕知子医師。多面的に人間の体をとらえる医療の視点から「水道水の安全神話」に警鐘を鳴らしています。

「諸外国と比べても『日本の水は安全』と言われていますが、それは『お腹を壊さない』という意味での“安全”なのですね。塩素による殺菌のおかげで、食中毒や赤痢、コレラなど命に係わる重篤な症状を引き起こす菌のリスクが低いのは事実です。けれど、それ以外の面では私は注意が必要と考えています」

− 馬渕医師が「注意が必要」と語る理由は「病気の原因となる菌を塩素によって殺菌できるくみ」にあります。

「塩素によって殺菌ができるのは、塩素が菌の細胞を破壊するからです。それは、言い換えるとすべての細胞に対して塩素は同じように働く、ということ。私たち人間も細胞で構成されていますし、塩素が『破壊する細胞』と『しない細胞』を識別することはできません。つまり、塩素にふれるとすべての生物の細胞が破壊されるのです」

炊事洗濯入浴など日常生活における
塩素の影響は多岐にわたります

− 水道水を使って料理をすることで、食物の栄養素が破壊される可能性も馬渕医師は指摘しています。

「食材を水道水で洗うことで栄養素が破壊されている可能性は否定できません。ミネラルウォーターや浄水した水でお米を研いで炊くとおいしさが増す、緑茶やコーヒーも天然水で淹れるとおいしい、ということを感じている方も多いと思うのですが、この『おいしさが違う』という実感として『塩素のデメリット』を感じている方は多いと思います。塩素の影響がおいしさの問題だけでなく、健康にも影響していることをもっと知っていただきたいです」

− 皮膚科医の立場からも「体の外側と内側、両方への水道水の塩素の影響が皮膚のトラブルとして表れているように感じている」と続けます。

「肌は皮膚細胞で構成されており、外部から体内に異物を取り込まないための『バリア機能』が備わっています。ところが、水道水を入浴や洗顔など日常的に使うことでこのバリア機能が損なわれてしまう可能性があります。すると実感としては肌の乾燥や肌荒れを感じるようになるのです」

− 肌が荒れた状態が続くと、外部からの異物や刺激に対する抵抗力が損なわれ、症状がますます悪化する負のスパイラルに陥ってしまいます。

「肌がカサカサと荒れた状態、つまりバリア機能が働かない状態になると空気中のチリやアレルギー物質などが皮膚の中に入り込むようになります。そうした物質に対してアレルギー反応を起こす症状が『アトピー性皮膚炎』です。最近ではアトピーと水道水の塩素の因果関係を懸念する声も増えてきていますが、塩素、皮膚細胞、皮膚炎、それぞれのメカニズムを考えて推察するとおそらくは、というよりほぼ、塩素が関係していると考えて間違いないでしょう」

− 体の内側、という面でも「口から摂取することで口腔内、喉などの粘膜が荒れる可能性も否定できません」と続ける。

「塩素と接触したことで、その部分の細胞が破壊され無防備な状態になると、ウイルスへの抵抗力も弱くなります。もともと健康な人であれば、細胞がきちんと再生できますし、免疫力も働くので影響として実感することも少ないでしょう。けれど、乳幼児や高齢者、体力が弱っている方は反応ができやすいと思います。じつは、塩素は化学反応すると発がん性物質トリハロメタンを発生することでも知られているのです」

− 近年、乾燥肌の女性が増えていることも「塩素が無関係ではないはず」と馬渕医師。

「いわゆる『皮膚が薄い』といわれるパーツ、頭皮、顔、陰部などは塩素に限らず、あらゆるダメージの影響を受けやすい部位です。近年では洗浄機能付きのトイレが普及していることから、陰部を水道水で洗浄する機会が増えていることも心配ですね」

肌や髪のトラブルに悩んでいるなら、
「洗う水」を変えることが
もっとも有効だと思います

− 乾燥肌の人の増加のほか、男女を問わず薄毛に悩みはじめる年齢が若年化してきていると聞きます。

「残念ながらその通りなのです。まず、乾燥肌ですが塩素が皮膚のバリア機能に関係している可能性は極めて高いと思います。小じわの原因の7割ぐらいは乾燥から起きるものなのですね。乾燥して小じわが出現すると、シミが気になり始めますがシミは肌の細胞の入れ替わりがスムーズに行われなくなって起きるものです。つまり、若々しさを保つためには肌を乾燥させないことがもっとも大切なのですね。そして、乾燥肌の方が増えた背景のひとつには、洗顔や入浴の頻度が昔と比べると高くなっていること。強すぎる洗浄成分入りの洗顔料を使っていることに加え、その際に使う水の影響も少なくないと思います」

− 薄毛についても肌と同じようなことが言えるのでしょうか?

「今は20代、30代で薄毛のご相談に見える患者さんが増えてきました。若いころからカラーリングやパーマなどのヘアケアをしすぎていることも原因のひとつ、だと思います。髪は頭皮の毛穴から生えていて、毛根の細胞が元気であるかどうかが毛量や髪質に関係してくるのですね。この頭皮の毛穴は髪の根本であると同時に、外部からのさまざまな物質を吸収もします。シャンプーやパーマ液、カラー剤などが付着することで頭皮から吸収されるのです。こうしたものの蓄積が薄毛に影響している、と考えられます。頭皮の毛穴から成分が吸収される、と考えると洗髪のときに水道水から、細胞を破壊する塩素も吸収してしまうということです。塩素もなんらかの影響を及ぼしていると考えるのが自然です」

− 美しい髪の元となるキューティクルにも塩素はダメージを与える可能性がある、と馬渕医師は続けます。

「薄毛という点では毛根への影響が気になりますが、髪のツヤやしなやかさ、潤いには塩素のキューティクルへのダメージは無視できないと思います。最近では美容院でも洗髪するときも浄水を使っているサロンも増えてきていますよね。そのぐらい、大切ということです。なので、美容に関心が高い方も、皮膚や髪のことでトラブルや悩みがある方も『まずはお水を変えてみる』ことがとても大事だと思います」
予防医学、早期発見をはじめ
総合的、多面的にサポートを行う
医療機関

マブチメディカルクリニック
院長 馬渕 知子 先生

東京医科大学医学部卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。 その後、マブチメディカルクリニックを開院、現在に至る(院長)。 内科学・皮膚科学が専門であるが、あらゆる科との提携を結び、 多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。
Scroll Up